ミラティブではたらく新卒のはてブロ

新人エンジニアが学んだことを発信するブログ

屋上でのMTG

こんにちは、安西です!
ミラティブでサーバサイドを担当している新卒エンジニアです!

mirrativ-stream.hatenablog.com

前回のブログ で、

このブログでは、サーバサイド中心に自分が学んだことを発表していきたいです。おおよそ1週間に1~2回ほどの更新を想定しています!

と書いたのですが、全然ブログ更新できていません!ごめんなさい!

タイトルを見て気づいた方もいらっしゃると思われますが、(時間が思ったよりも取れなかったというのもあり)、今回は技術的な内容ではなくミラティブ社内のMTGの様子を少しだけ書きたいと思います。

*次回のネタはちゃんと書き途中なので、ご安心ください!(MySQLのALTERコマンドを実行した時のDisk I/Oについて実験しています)

屋上でのMTG

さて、先日開発体験向上チームのサーバサイド部門でMTGをしました。珍しいことに屋上です。

f:id:mirrativ_stream:20190529221409j:plain *僕はやや変な表情になってますが、パソコンが眩しかったからです。

開発体験向上チームのサーバサイド部門は、「楽しく、効率的に開発できるような土台を作る」ことを目標においているチームです。
人数が増え、スケールするような開発体制を築くことの重要性が増してきたため、今期(2019年4月)から作られました。

f:id:mirrativ_stream:20190524170926p:plain *開発体験向上チームのOKR

実際話したこと(一部抜粋)

  • 障害の振り返り(原因の共有と再発防止策を決定。必要であれば、再発防止策を作るため、タスクに落とし込む)
  • DBのテーブルとカラムに直接コメントを追加することを決めた
  • deploy記録を自動でスプレッドシートに残してはどうかについて議論
  • ミラティブ初の開発合宿企画するかも(?)

上から3番目のdeploy記録を自動でスプレッドシートに残してはどうかについて議論はリリース記録の見える化を目指したものです。
iOS/Android/Serverのリリース内容と管理画面からの手動でのイベント実施を、一括でマスター管理する体制を目指しています。(リリース内容・予定日・実施日等を管理)
リリース記録の見える化はデータドリブンにプロダクトを作っていく上でも重要だなと(個人的に)思います。「うちではこんな形でリリース記録を管理しているよ!」といった意見あればぜひ教えてください!

また、余談ですが、DBのテーブルとカラムに直接コメントを追加する については僕がオーナとして進めています。副業の方や分析チームがソースコードを追わずともテーブル・カラムにどういったデータが入るかどうかを把握できるようにするためです。この観点でAPIのドキュメント化(Swaggerを使っています)も並行して行なっています。
*また、一度自然言語でしっかり考えることで命名がわかりやすくなるという副次的な効果も個人的に感じています。

次回はこのタスク周りで僕が調べたことを書きたいなと思っています。もう少し詳しく書くと、テーブルのカラムにコメントを追加した時にDisk I/Oの変化はどうなるのかについて調べたので、それについて書きます。

さて、今回は短めですがこのような形で!次回は(今度こそ)、技術よりのことについて書きます!引き続きよろしくお願いします!

GitHub: https://github.com/yusuko

Twitter: https://twitter.com/yusuko14
↑もしよかったらフォローしてください 。

それと、最近テックブログ がまた更新されたということで貼っておきます。iOSでCodableを活用した話みたいですね。(自分もSwift早くやりたいな)

tech.mirrativ.stream